レーシック

レーシック

手軽に手術できるようになりましたが、しくみやメリット、デメリットを知っておくことは大切です。

レーシック 仕組み

レーシックとは近視を矯正する為の手術で角膜を変形させ角膜にピントを合わせる手術です。

近視は角膜の屈折する力が強くなっていて、角膜よりも前方で焦点が合ってしまう為、遠くのものがぼやけて見えてしまいます。

手術は目の表面の角膜にフラップというふたを作って開き、屈折を矯正するレーザーをあて、角膜を変形させて屈折力を変化させます。

手術時間は数分で終わり、入院の必要もないので手軽に受けることができます。

手軽に手術を受けられますがメリット、デメリットはあります。

メリットですが、メガネやコンタクトは当然必要なくなります。

長期にわたり視力を維持できれば、コンタクトレンズを使い続けるよりもコストが割安になります。

手術としての安全性も高いです。

デメリットとしては、適応検査を行った結果手術を受けられないこともあります。

保険も適応外なので、それなりに高額な費用がかかってしまいます。

角膜の中心部分の屈折力しか変わらないので、暗いところで瞳孔が開いたときに屈折力が変わっていない部分から光が入ると、物が二重に見えてしまうこともあるそうです。

これらのデメリットは必ず起きる訳ではないので、あくまで手術を受ける判断材料としてください。

レーシック 品川近視クリニック

レーシック

品川近視クリニックでは世界最高水準の最新機器が導入されていて、安全性の高いレーシック治療が受けられます。

これまでに110万件の症例の実績があり、患者満足度も99%以上となっています。

治療を受けて、朝目覚めた瞬間から視界がはっきりしている生活を取り戻してみてはいかがでしょう。 

レーシック トップへ戻る

Copyright 2016 © 見つかる通販検索サイト4号 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ